サプリメントはお薬ではありません

サプリメントアドバイス

サプリメントはお薬ではありません

サプリメントはお薬だと勘違いしてる人が多いかもしれません。

最初に言っておくと、サプリメントは健康食品と言われています。
それでは医薬品と健康食品の違いをここではっきりさせておきましょう。

まず医薬品は医師の処方せんが必要であり、健康食品は医師の処方箋が不要です。
サプリメントに関しては処方箋などなくともドラッグストアやコンビニで気軽に購入できます。
医師の処方箋が必要ないサプリメントは効果がなくともあくまで自己責任になります。
だからこそ、しっかりとした基礎知識は自分で身に着けなくては損だと言えるでしょう。

あとは副作用です。
医薬品に関しては副作用はつきものです。
風邪薬を飲めば頭がボーーっとしてきませんか?
これは医薬品ならではの副作用になります。
しかし健康食品に関しては副作用はありません。
従って、ある程度の知識は必要と言えども素人でも安心して服用できるのは健康食品になります。

そして最後に効果です。
医薬品は即効性があるからこそ医薬品と言われています。
しかし健康食品は即効性は無く、継続して始めて効果が現れる特徴を持っています。
早くで数週間、長くて2か月程度で効果が現れるのが正常な効果です。
もしそれでも効果が無ければ、商品自体の不良品か自分に合わなかった健康食品だと判断するしかありません。

これらのように、サプリメントはお薬ではなく健康食品になります。
よく特徴を掴んで適切なサプリメントを選び、そして活用してみてください。
copyright(C)サプリメントアドバイス